旧暦8月15日の十五夜の日は、「中秋の名月」を愛でるお月見の日。
今年は民家園と科学館が“コラボ”をしてお月見を開催します。

民家園では十五夜飾りの解説や、科学館の協力のもと行う月の観察会。
科学館では「お月見プラネタリウム(夜間投影)」。
それぞれ、2つの施設の特徴を活かした、特別な催しです。

なお、民家園では今年も特別に開園時間を20時まで延長するため、
中秋の名月と宵闇の民家園の“コラボ”もお楽しみいただけます。

お月見デー(月の観察)

お月見デー(月の観察)

  • 開催日:2017年10月4日 水曜日
  • 料金:入園料のみ
  • 当日参加自由

ぶらり十五夜民家園
“昔の灯り”も体験できます。※雨天縮小

  • 時間:17時~20時(入園は19時30分まで)

十五夜トーク
月見や十五夜飾りについて科学館と民家園の職員が解説します。

十五夜の展示

十五夜の展示

民家園で月観察
望遠鏡で中秋の名月を観察します。 ※雨天・曇天中止

  • 時間:18時~19時30分
  • 協力:かわさき宙(そら)と緑の科学館