年に一度、国指定重要文化財の古民家で行う人形浄瑠璃の公演で、今回は人形浄瑠璃「伽羅先代萩 政岡忠義の段(めいぼくせんだいはぎ まさおかちゅうぎのだん)」を上演します。

また、初心者向けの解説や人形を操る体験コーナーも行います。
今年は特に、1回目の公演には英語の解説が付き、2回目の公演では子ども向けの体験が充実しています。
人形を間近で見たり触れたりでき、初めてご覧になる方にもお楽しみいただけます。
人形が見せる豊かな表情を、この貴重な機会にぜひご覧ください。

「伽羅先代萩 政岡忠義の段」あらすじ
世間を騒がせた、仙台藩のお家騒動を脚色した時代物。
お家乗っ取りをたくらむ悪人たちと、幼子を守る乳母や忠臣たちとの息詰まる争いを描いています。
場の最後、深い心情を切々と述べる「クドキ」が大きな見所です。

人形浄瑠璃「伽羅先代萩」

人形浄瑠璃「伽羅先代萩」

 

  • 日程:2019年9月23日 月曜祝日
  • 時間:〈1回目〉12時30分~14時 ※英語の解説付き
       /〈2回目〉14時30分~16時 ※子ども向け体験あり
  • 料金:一般1,000円、学生・子ども500円 ※購入はお1人2枚まで
  • 定員:各回先着100名
  • 出演:相模人形芝居下中座(国指定重要無形民俗文化財)
  • 場所:(22)旧工藤家

観覧券販売について
公演当日、1回目・2回目ともに11時から民家園正門にて、先着順で販売します。
希望枚数とともに、どちらの回をご希望かお伝えください。
※購入はお1人2枚まで

旧工藤家で行う人形浄瑠璃公演の様子

旧工藤家で行う人形浄瑠璃公演の様子