川崎市内の伝統芸能である木遣り唄、新城囃子曲持、菅獅子舞。
ゴールデンウィーク初日、各保存会による特別公演を開催し、
開園50周年をお客様と共に祝い、盛大に盛り上げます。

新城囃子曲持(川崎市教育委員会提供)

新城囃子曲持(川崎市教育委員会提供)


 

  • 日程:2017年4月29日 土曜祝日
  • 時間:13時〜14時30分
  • 観覧方法:整理券と民家園入園券(または入園証明書)のご提示
    ※整理券:当日10時より、本館前にて配布。(お一人一枚まで。12時15分以降は旧船越の舞台にて配布)
  • 定員:先着220名 ※雨天時は先着70名
  • 場所:(20)旧船越の舞台 (ござ席) ※雨天時はかわさき宙と緑の科学館学習室
  • 出演:川崎古式消防記念会、菅獅子舞保存会、新城郷土芸能囃子曲持保存会

※公演に伴い、旧船越の舞台(奈落を含む)は終日見学ができません。ご了承ください。
 また、伝統工芸館は臨時休館し、生田緑地整備事務所前に臨時入園口を設けます。
※会場内では、三脚・一脚などの撮影機材のご利用はできません。

お席へのご案内について
開場時間(12時15分)になりましたら、整理券番号の若い順から10番ごとにお呼びいたします。
係員に入園券(または入園証明書)と整理券をご提示のうえ、ご入場ください。
※再入場は可能です。