事後になりますがご報告です。
昨日(18日)放送のTBSテレビ「世界ふしぎ発見」で、園内に移築されている
旧清宮家が取り上げられたのですが…ご覧になった方はいらっしゃいますか?

桜特集の回だったのですが、明治時代の日本の桜と花にまつわるエピソードの一つとして、
旧清宮家の「芝棟」が紹介されました。

旧清宮家の芝棟

旧清宮家の芝棟

この芝棟、園内では4月終わりから5月の頭にかけてイチハツという花が咲き、
旧清宮家、蚕影山祠堂、旧工藤家外便所で見られます。
※旧広瀬家も芝棟ですが、こちらの植物はイワヒバです。

イチハツはアヤメやショウブの仲間で、花の色は紫色。
この花が屋根の上で開くと、
なんともかわいらしく、なんとなくユーモラスな雰囲気も感じられます。

蚕影山祠堂の芝棟

蚕影山祠堂の芝棟

ゴールデンウィーク前後の限られた時季だけに見ることができる風景ですので、
ぜひ一度、ご覧いただければと思います。

旧清宮家の芝棟と鯉のぼりの競演

旧清宮家の芝棟と鯉のぼりの競演

旧清宮家については、こちらからご覧いただけます。