いよいよ6月。
今年の梅雨入りは平年並みか少し早めとのことですが、
まもなく梅雨が始まり雨の日が続くと思うと、気分が少し沈みがちに。
そんな時季でも楽しみを感じられるのが、この季節ならではの植物たち。

まずは「梅」。
梅雨の時期、枝なる青々とした実は瑞々しく、
ほわほわとした産毛に触れ、熟した梅のうっとりするような香りを嗅ぐと、
幸せな気分になります。

水車小屋周辺の梅

水車小屋周辺の梅

 
今まさに見ごろな花は、花菖蒲。
水辺に植わっていることが多くいので水を好むのかと思いきや、
実はそれほど水が好きというわけでもないという、意外性のある植物です。
とはいえ、雨に打たれる姿は風情があり、6月を代表する花のひとつです。

本館そばの菖蒲池

本館そばの菖蒲池

 
最近種類が豊富で、色も形も目を楽しませてくれるアジサイは、
これからが見頃。
早いものは咲き始めたものの、本格的なアジサイシーズンは、もう少しだけ先のようです。

三澤家裏のアジサイ

三澤家裏のアジサイ

 
ご紹介した植物のうち、花菖蒲以外は民家園でもご覧になれますし、
生田緑地内には「しょうぶ園」、「あじさい山」、「梅園」があります。
民家園の散策の際には、ぜひ足を延ばして6月の花の名所にもお越しください。